スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラ印

江國香織さんの「薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木」を180頁くらいまで読んだ。
あるポテチがこの本に出てくるのでそのページまで。
キャナルでそのポテチがあったからルームメイトとバリボリ食べました。
実に美味なり。

江國さんの本は他に2冊読んだことがあるのだけれど、深海に沈んでいきそう・・・。
そしてとてもとても会いたくなります。
沈む準備ができていない時に読んではいけないな、と改めて思う。
スポンサーサイト

キタ――――!!

ひさしぶりにくだしたー・・・・
痛かったよーorz
そっこうでビオフェルミン摂取(>_<)

ヒトにはヒトの乳酸菌vv
新ビオフェルミンエッス~♪

そして蜂蜜たっぷりの紅茶であったまろー。

落ち着け!よく見ろ!!

先に来る普通のバスか、後から来る特急のバスか。
悩んで普通のバスにのったら行き先の違うバスだった・・・orz

焦るとろくなことがないことの見本w

暗雲たれこめる

距離以上に遠く感じる。
そんなとこ行かなくていいじゃないかー。

ここにいなよ。
お話しようよ。

いや、行っていいよって言ったんだけどもさ。
それでもちょいと後悔。
でもまぁいいか。
いっぱいお土産くれるらしい

***

明けゆく夜を待つ気もなく、それでも眠らずいられるのは・・・
意地か恋慕の情か
どちらでしょうね

滴が落ちても塞ぎ込んでも待てるのは
それはきっとヒトリじゃないから
背中があたたかいから

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。